小田原市中里にある歯科医院『鴨宮歯科医院』では、一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科などを行っております。

小田原市の歯科医院『鴨宮歯科医院』

歯科口腔外科・インプラント

歯科口腔外科

歯科口腔外科とは、虫歯や歯周病などの病気を除いた、口の中や口周りの病気を診察・治療する診療科です。口周りの組織は非常に複雑で、それに関連した病気も少なくありません。例えば、顎関節症(顎に違和感があったり、口の開け閉めが難しくなったりする病気)は最近TVなどのメディアでも盛んに取り上げられていますし、口腔内にも癌ができることがあります。これらの病気を治療するのが、歯科口腔外科の役割です。歯科口腔外科の治療は外科的な治療(手術)が多いです。

インプラント

インプラント治療とは、歯を失ったところにインプラントと呼ばれる人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けることによって機能を取り戻す治療法です。いわゆる部分入れ歯と似ていますが、インプラントは基本的に一度埋め込んだら自分の歯のように利用することができます。インプラントは人工歯根、その上の人工歯冠、両者を取り付けるアパットメントいう3つの部品から成り立っています。

インプラントのメリット

通常の噛む力を
取り戻せる
力強いかみ合わせを取り戻せることです。インプラント以外の治療方法にはブリッジや入れ歯がありますが、天然の歯の噛む力を100%とした場合、ブリッジは60%、入れ歯では20%程度にしかなりません。それに対してインプラントは80%程度と非常に高く、ほぼ自分の歯とおなじ感覚で使うことができます。見た目も自然な歯とほとんど変わりありません。

インプラントのデメリット

治療ができない
場合がある
糖尿病や骨粗しょう症などの症状がある人は、治療ができないことが挙げられます。また、保険適用外なので治療費もかかります。