小田原市中里にある歯科医院『鴨宮歯科医院』では、一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科などを行っております。

小田原市の歯科医院『鴨宮歯科医院』

歯周病治療

歯周病とは、歯の表面に歯垢(プラーク)がつくことによって起こる病気の総称です。歯周病はある日突然症状が出ることはなく、徐々に進行していくため「サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)」とも言われています。
通常、健康な歯と歯茎の間には、1~2mm程度の隙間があります。歯垢を放置しておくと、歯茎に炎症が起きます。この炎症を歯肉炎といいます。歯肉炎をさらに放置すると、歯周病菌が歯茎のみならず歯槽骨や歯根膜などにも侵していき、また歯と歯茎の間の隙間も大きくなっていきます。この状態を歯周炎といいます。歯周炎が進行するとやがて歯がぐらつき始め、抜けてしまうこともあります。重度な症状が出る前に、治療を受けることが大切です。
歯周病は毎日のブラッシングで予防するのが基本です。現実にはブラッシングをしているにもかかわらず歯周病になってしまう患者様がたくさんいらっしゃいますが、なぜかというとそれは磨いているだけであって、磨けているわけではないからです。ブラッシングはただ適当に歯の中で歯ブラシを動かせばいいというものではなく、すべての部位をきちんとブラッシングしなければいけません。
歯ブラシの持ち方、力の入れ方、歯ブラシの当て方などを十分に把握していなければ、歯周病は防げません。また、歯ブラシだけではどうしても磨き残しが発生してしまうため、デンタルフロスや歯間ブラシなども使ったほうが良いでしょう。
当院では正しいブラッシングの方法が分からない方のために、ブラッシング指導を行っています。磨いているつもりなのに歯茎から血が出たり、歯がぐらついたりする場合は、1度ご相談ください。

歯周病の進行段階

進行段階 症状 治療法
歯肉炎
歯肉炎は、歯周炎になる前の段階の病気です。付着した歯垢の中の細菌によって、歯茎が腫れている状態です。歯茎が赤っぽく腫れている場合は、歯肉炎の合図です。この状態で歯を磨くと、出血することがあります。子供からお年寄りまで、ありとあらゆる年齢層に見られる病気です。 歯肉炎の段階では、適切な処置をすれば早い段階で治癒する可能性が高いです。一方で歯肉炎を放置すると歯周炎になってしまい、こうなると歯医者で治療を受けるしかなくなります。歯肉炎の段階で適切なケアを行い、歯茎を健康な状態に戻すことが大切です。
軽度歯周炎
歯肉炎を放置すると歯周炎になります。この段階では、歯肉の色が赤くなり、歯磨きをするとそこから出血するようになります。しかし、痛みなどは殆ど無いため、気が付きづらいです。定期的に歯科検診を受けることによって、早期の段階で気がつくことができます。 軽度の歯周炎は、歯磨きの改善だけでは治療することはできません。歯科医院で治療を受ける必要があります。まず、長年蓄積されてしまった歯垢や歯石を取り除きます。口の中が綺麗になったら、あとは毎日適切にブラッシングを行い、食生活に気をつければ自然と改善されていきます。
中等度歯周炎
軽度歯周炎を放置すると、中度歯周炎に進行します。歯肉の色は更に赤くなり、腫れも目立つようになります。歯の土台が少しずつ溶け始め、歯がグラグラするようになります。歯の土台が減り、歯が長く見えるようになります。歯周ポケットはますます深くなり、歯根に歯石がたまるようになります。 中度歯周炎まで進行してしまった場合は、歯肉で隠れている部分にも歯垢や歯石がたまるため、それをしっかりと取り除く必要があります。歯の表面に付着した歯垢や歯石を除去し、口内を清掃します。口内が綺麗になった後は、毎日適切にブラッシングを行いましょう。
重度歯周炎
中度歯周炎をさらに放置すると、重度歯周炎になり、歯肉の色は更に赤くなります。歯の土台は更に溶け続け、歯がグラグラするようになります。歯の土台が減ったことにより、歯が長く見えるようになります。場合によっては歯根が見えることもあります。 重度歯周炎の場合は、口の中の清掃を行うだけでは不十分なこともあります。歯周病が進行してしまうと大量の歯石が歯根の深い部分に付着してしまうことがあるのですが、これは通常の治療では取り除くことができないため、歯肉を一時的にめくって、歯根を見える状態にして歯石を除去します。