小田原市中里にある歯科医院『鴨宮歯科医院』では、一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科などを行っております。

小田原市の歯科医院『鴨宮歯科医院』

小児歯科

小児歯科とは、子どもたちのための歯科医院です。小児歯科の小児という言葉に明確な定義はありませんが、通常は中学生以下の子どもたちを治療の対象とします。
大人にとっても歯医者は憂鬱なものですが、子どもたちにとってはさらにその何倍も憂鬱なものです。大人は治療のためにある程度痛みを我慢することができますが、子どもたちはそうもいきません。しかし、だからといって虫歯を放置していては、ますます症状がひどくなるばかりです。
スタッフは子どもたちに話しかけ、子どもたちの気分をほぐしていきます。また、治療にあたっては親御様のご協力が必要不可欠です。ぜひ定期検診やブラッシング指導にご協力ください。

お子様の歯磨きチェック

生後7~8ヶ月目 乳歯が生え始める時期に歯ブラシで直接磨いてもお子様は痛がります。この時期はぬるま湯などに浸した、やわらかい布やガーゼを指に巻き付け軽く拭き取るように動かしてください。
生後1年目 生後1年を過ぎたあたりからブラシを使った歯磨きを行います。成長の早いお子様の場合は、奥の方にも歯が生え始めてますので、磨き残しがないように丁寧にゆっくり磨いていきましょう。
3歳頃 この時期から少しずつ自分で磨くように教えましょう。お子様がご自分で磨き終えたら、最後は保護者の方が仕上げ磨きをしてあげてください。歯ぐきを傷つけないように細かく丁寧に歯を磨いてあげましょう。
6歳頃 この時期になると永久歯が生えてくる頃です。生え始めの永久歯はまだ柔らかく食べカスなどが溜まりやすく虫歯になりやすいので歯ブラシの毛先でしっかりと丁寧に磨きましょう。
10歳頃 この時期になると永久歯生え変わりのピークを迎えます。生えたての永久歯は、非常に虫歯になりやすいので、歯磨きとフッ素塗布を行い、虫歯予防を心がけましょう。この頃には1人で磨けるように練習していきましょう。